LCCピーチ、中部で路線拡大=那覇、石垣に

 ANAホールディングス傘下の格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーションは20日、12月から就航する中部空港で来年1月に那覇、石垣の2路線を新規開設すると発表した。同日、航空券の販売を開始した。

 中部での運航路線は12月24日に開始する新千歳、仙台に加え、計4路線になる。那覇、石垣は来年1月22日から毎日1往復便を運航する。中部空港には保有機1機を夜間駐機させ、国内で現在6カ所ある拠点空港に位置付ける。

 森健明代表取締役CEOは記者会見で、那覇、石垣発着便の搭乗率が高い点などを指摘した上で「短期に結果が出せる路線として選んだ」と説明した。さらに全体の旅客数を増やす戦略として「積極的にできることはやり尽くすという方針を立て、新規路線の開設を進めている」と語った。

 会見に同席した中部国際空港の犬塚力社長は路線拡大を歓迎。「中部地域にしっかり根付いてもらえるよう一緒に取り組みたい」と話した。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント