従業員のワクチン接種義務化せず=米GMとフォード―報道

 【ニューヨーク時事】米CNBCテレビは18日、米自動車大手のゼネラル・モーターズ(GM)とフォード・モーターが、従業員の新型コロナウイルスワクチンの接種を義務化しない意向だと報じた。

 また、両社や欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の従業員らが加盟する全米自動車労組(UAW)のギャンブル委員長もこの日、健康・宗教上の理由から、従業員のワクチン接種を義務化すべきでないとの見方を示した。委員長は同時に「できるだけ多くの従業員が接種を受けることが重要」とも強調した。

 3社はコロナ禍が米国で深刻化した今春、感染防止のため工場での生産停止を余儀なくされた。こうした事情から、各社は従業員用のワクチン確保に向けて動いているとされる。フォードはマイナス70度前後での保存が求められる米製薬大手ファイザー製ワクチンの保管用に、超低温冷凍庫を発注したと報じられている。

 米雇用機会均等委員会は16日、健康・宗教上の制約を除き、米企業が従業員にワクチン接種を義務づけることができるとの見解を示した。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント