NHKと日本郵便に連携提案=受信料徴収の効率化―総務相

 武田良太総務相は21日の閣議後記者会見で、NHKの受信料徴収業務に関し、日本郵便との連携を両者に提案していることを明らかにした。武田氏は受信料徴収にかかるNHKの営業経費(2019年度759億円)が「あまりにも膨らんでいる」と述べ、効率化の必要性を強調した。

 業務効率化を受信料引き下げにつなげる狙いがあるとみられる。武田氏は具体的な連携方法には言及せず、「郵便局のノウハウを受信料徴収に生かせないか研究してもらっている」と語った。 

 これに関連し、日本郵便の広報担当者は「当社社員がお客さま宅を訪問しての徴収や、お客さまへの営業活動などは現在のところ考えていない」と説明。NHKは「現時点で具体的に決まったものはない」(広報部)とコメントした。

 また武田氏は、消費者に対面で携帯電話会社の乗り換えや料金プランの相談を受け付けるモデル事業を行うと表明。21年度にも民間委託で全国数カ所に相談所を設置する。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント