木星と土星、397年ぶり大接近=天文台で観察会―仙台

Large 20201221at58s p
接近した土星(写真上部の上)と木星(同下)。下は仙台城跡の伊達政宗像=21日午後、仙台市青葉区

 木星と土星が接近したように見える現象が21日、仙台市などで観測された。肉眼で並んで見えるほどの「大接近」は397年ぶり。

 二つの天体は9月ごろから近づき、最も接近しほぼ重なって見えるのは22日午前3時ごろ。両惑星は見かけ上、0.1度(月の直径の約5分の1)まで接近するが、地平線に沈んで日本からは見えないため、21日夕が観察のチャンスだった。

 仙台市天文台(同市青葉区)で開催された観察会には約100人が参加し、雲の隙間から星が見えると歓声が上がった。同区の青木夕子さん(44)は「まだ距離は離れていたが大きな光だった」と興奮した様子。息子の珂緯ちゃん(6)も「くっきりきれいに見えた」と笑顔を浮かべた。

 次に木星と土星が大接近するのは約60年後という。 

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント