無料キャンセル、24日まで=GoTo、年末年始の全国停止

Large 20201223ds74 p
閑散とした浅草の仲見世商店街=14日

 政府の観光支援事業「Go To トラベル」が28日から来年1月11日まで全国で一時停止となるのに先立ち、利用者が旅行の予約を無料でキャンセルできるのは24日までだ。25日以降は解約料が発生する場合があるとして、観光庁は期限内に手続きを済ませるよう呼び掛けている。

 今回の停止で注意が必要なのは、28日より前に出発する場合でも、停止期間を含めた旅行日程であれば支援対象から外れる点だ。例えば26~30日の旅行なら、28~30日が停止期間と重なるため、全日程で支援を受けられなくなる。 

 政府は予約のキャンセルを受けた旅行・宿泊事業者に対し、旅行代金の50%を補償する。補償は1泊2万円が上限。従来は35%を補償していたが、年末年始は旅館やホテルの書き入れ時で経営への影響が大きいことから支援を手厚くした。

 補償は24日までのキャンセルが対象。25日以降に解約を受けた事業者は旅行者に対し、キャンセル料金を請求することができる。

 東京都、札幌、名古屋、大阪、広島各市を目的地とする27日までの旅行は、全国に先行して支援対象外としている。先行地域の無料キャンセルは広島市が26日まで、それ以外が24日まで。解約があった事業者に旅行代金の35%を補償する。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント