米ニューロ、自動運転トラック企業を買収=加州からは無人配送の商業利用認可取得

 【シリコンバレー時事】自動運転車による無人配送サービスを手掛ける米ニューロ(カリフォルニア州)は23日、自動運転トラックを開発する米アイク(同)を買収すると発表した。取得額は明らかにしていない。近距離に特化したニューロと長距離配送を目指すアイクの組み合わせによって、物流の自動化を進めたい考えだ。

 アイクは2018年の創業。ニューロは、初期段階からアイクに中核技術をライセンス供与し、少数持ち分を取得するなど両社は関係が深い。ニューロには、ソフトバンクグループが出資している。

 また、ニューロは23日、本社を置くカリフォルニア州の運輸局から自動運転車による無人配送の商業利用の認可を取得したことも公表した。同州による商業利用の認可は初めてという。

 ニューロは近く提携先企業とともに最初のサービスを始める。当初は自動運転仕様にした「プリウス」を展開し、その後、独自開発車両「R2」を導入する。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント