JR九州、自動列車運転装置の実証開始=踏切がある区間で、国内初

 JR九州は24日、在来線で自動運転の実証試験を開始した。当面は運転士が乗車するが、将来的には運転士以外の係員が乗務する計画。 

 実証試験が行われるのは、福岡市内の香椎線(西戸崎駅から香椎駅まで)のおよそ13キロメートルの区間。踏切内に設置されたATS(自動列車停止装置)の数を約8倍増やすことで、列車の位置や速度など、より正確な情報収集が可能となった。新たに開発された自動列車運転装置はATSの情報を元に、列車の速度を制御する。

 JR九州は同日、香椎駅で実証試験開始のセレモニーを開催。青柳俊彦社長は「構想から約30年かけてたどり着いた。さらなる技術の向上を図りたい」と期待を示した。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント