米でも運航再開=ボーイング737MAX

 【ニューヨーク時事】米航空大手アメリカン航空は29日、2度の墜落事故を受けて世界中で運航停止となっていた米航空機製造大手ボーイングの新型旅客機「737MAX」の運航を再開した。昨年3月の運航停止後、米国では初めて。

 既にブラジルのゴル航空が12月上旬に、世界に先駆けて運航を再開していた。米国では、ユナイテッド航空やサウスウエスト航空も来年2月以降、再開を計画している。 

 MAX機は、2018年にインドネシア、19年にエチオピアで墜落事故を起こし、計346人が死亡。ボーイングは、原因とされたソフトウエアの修正などを行い、今年11月に米当局から再開の承認を受けた。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント