米駆逐艦、台湾海峡を通航=中国反発「断固反対」

 【ワシントン、北京時事】米海軍のミサイル駆逐艦「ジョン・S・マケイン」と同「カーティス・ウィルバー」の2隻は31日、台湾海峡を通航した。米第7艦隊が発表した。

 米軍は声明で「台湾海峡の通航は国際法にのっとって行われた」と強調。「自由で開かれたインド太平洋に対する米国の関与を示すものだ」と述べ、台湾への圧力を強める中国をけん制した。 

 中国国防省の呉謙報道官は31日の談話で「断固反対だ」と反発。中国軍は「あらゆる威嚇や挑発にいつでも応対する」と主張した。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント