〔年頭所感〕倉富西鉄社長:「V字回復」を成し遂げる一年に

 倉富純男西日本鉄道社長=当社グループは、新型コロナウイルスの影響で創業以来の最大の苦難、危機に直面している。私たちが営む事業の多くは、地域の皆さまの生活を支える、いかなるときもなくてはならない社会インフラ事業であり、今こそ果敢な変革を遂げ、コロナ禍でも、筋肉質で持続可能な事業構造のビジネスモデルに生まれ変わらなければならない。

 今年は復活に向けのろしをあげ、全力で走り、グループ一丸となり、覚悟と希望をもって「V字回復」を成し遂げる一年としていこう。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント