新会社「日本の造船所」発足=前田社長、国内で事業継続

Large 20210106at58s p
新会社「日本シップヤード」(NSY)を設立した国内首位の今治造船と同2位のジャパンマリンユナイテッド(JMU)の関係者。左から千葉光太郎JMU社長、檜垣清志NSY副社長、前田明徳NSY社長、檜垣幸人今治造船社長=6日午後、東京都港区

 国内造船業首位の今治造船(愛媛県今治市)と2位のジャパンマリンユナイテッド(横浜市、JMU)は6日までに、液化天然ガス(LNG)運搬船を除く商船の設計・販売を共同で行う新会社「日本シップヤード」(NSY)を東京都内に設立した。都内で記者会見したJMU出身の前田明徳社長は「日本で造船業を続けていく」と語った。

 「日本の造船所」を意味する新会社の資本金は1億円。今治が51%、JMUが49%出資し、合わせて約510人が出向する。NSYの檜垣清志副社長は「激しい戦いが続く国際市場で何としてでも勝ち残りたい」と強調した。 

 昨年3月、今治とJMUは国内トップ連合で商船のコスト競争力を高めて中国と韓国のメーカーに対抗することを目指し、資本・業務提携で最終合意。今治はJMUに30%出資した。当初、同年10月の新会社設立を計画したが、海外当局の法令審査が長引き、今月1日に発足がずれ込んだ。

 新会社が受注した商船をどちらの造船所で建造するかは、船主の希望、納期などに応じて決める。会見に同席した今治の檜垣幸人社長は造船所の統廃合について「今のところまだ考えていない」と説明。JMUの千葉光太郎社長も「現時点で検討しているものはない」と話した。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント