「海上走る」鉄道遺構公開=約150年前の「高輪築堤」―JR東

Large 20210108at33s p
報道公開された高輪築堤=8日、東京都港区

 JR東日本は8日、日本初の鉄道路線の一部で、約150年前に海上に造られた「高輪築堤」の遺構を報道陣に公開した。高輪ゲートウェイ駅(東京都港区)周辺で進める再開発工事で出土したもので、整然と積まれた石垣など当時の様子をそのまま伝えていた。

 同社や港区立郷土歴史館などによると、高輪築堤は1872(明治5)年10月に日本で初めて開業した鉄道路線(新橋―横浜間)の一部で、開業直前に完成した。当時の海岸から数十メートル沖合に築かれ、堤上を走る蒸気機関車が現在のJR田町―品川駅付近(約2.7キロ)をつないだ。

 「海の上を走る鉄道」と親しまれ、築堤を題材にした浮世絵も多く描かれたが、1914年に完了した埋め立て工事で状態が不明に。およそ1世紀を経た2019年4月、品川駅改良工事の際に築堤の石垣の一部が見つかった。 

 出土した築堤は高さ約4メートルで、断続的に計約770メートルが確認されている。のり面には数十センチ四方の石垣が敷き詰められ、船が海へ出るための橋梁(きょうりょう)も見つかった。線路は残っていない。

 JR東は港区教育委員会などと協力して調査を進め、築堤の一部現地保存や移築保存を検討している。同社事業創造本部の伊藤喜彦担当部長は「150年前の高輪築堤を継承することで、この地域の歴史の価値の向上につなげたい」と話した。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント