ホンダ、部品調達難で減産=コロナで半導体不足、他メーカーも

 ホンダが部品の調達難を理由に自動車の国内生産を減らすことが8日、分かった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で車両の制御システムなどに使う半導体が不足、今月は約4000台削減する見通し。他メーカーでも生産調整の動きが出ており、部品不足が回復基調にある自動車生産・販売に水を差す恐れもある。

 コロナ禍に伴う在宅勤務などの広がりを受け、半導体はパソコン向けなどの需要が増加。需給が逼迫(ひっぱく)気味で、自動車部品メーカーは調達に苦慮している。ホンダは鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)での主力小型車「フィット」を中心に生産調整を実施する。同社は「影響を最小化したい」としているが、2月以降の生産回復はめどが立っていない。

 ホンダの昨年11月の国内生産台数は前年同月比22.5%増の6万4843台で3カ月連続プラス。コロナ禍からの復調傾向が顕著だった。

 一方、SUBARU(スバル)も1月中に生産調整を検討していることを明らかにした。その他のメーカーも「生産現場への影響は出てきている」(大手)としており、生産調整が業界全体に広がる可能性が出てきた。 

 国内の新車販売台数は直近の昨年12月で10.2%増と、3カ月連続で前年水準を上回った。ただ、こうした部品の調達難から減産が続くと販売の回復にもブレーキがかかることになる。

【了】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント