ソニー、欧州でEV実験=CESで映像公開

 ソニーは12日、オーストリア南東部のグラーツで昨年12月から公道を使った電気自動車(EV)の走行実験を始めたと発表した。オンラインで開催中の家電IT見本市CESで、吉田憲一郎社長が明らかにした。 

 ソニーが開発したドローン(小型無人機)を使って撮影した走行映像を公開。道路脇に雪が残る山岳地帯を試作車両が走行する場面が映っていた。ソニーは実験で車線変更や自動追尾の安全性などを検証する考えだ。

 試作車両には、ソニーの画像センサーや音響システムなどを搭載。車両は、ベンツの生産などを手掛けるオーストリアの自動車製造マグナ・シュタイヤーと共同で開発した。

 吉田社長は「車両の安全性の最適化を図っている」と強調した。ソニーによると、今後、日米などでの走行実験も検討していくという。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント