20年のVW乗用車ブランド世界販売15%減=中国も不振―電動車好調

 【フランクフルト時事】独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が12日発表した2020年の主力乗用車ブランド「VW」の世界販売台数は532万8000台で、前年から15.1%落ち込んだ。中国も含めた全主要市場で販売を落とした。

 市場別にみると、足元の欧州では西欧が23.4%減の114万6300台、中東欧は17.0%減の22万2300台。米州は北米が17.1%減の46万8400台、南米は20.2%減の39万2300台。頼みの綱の中国(香港を含む)も9.9%減の285万1100台と振るわなかった。

 一方、電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)を合わせた電動車の需要は高く、販売は158%増の21万2000台に急増。特に9月に発売したばかりのEV「ID.3」がドイツやオランダ、北欧を中心に5万6500台売れた。欧州市場で電動車が全体に占める比率は前年の2.3%から12.4%に急上昇した。21年は人気の高いSUV型の新EV「ID.4」を世界市場向けに発売する予定だ。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント