「カジノ王」アデルソン氏死去、87歳=トランプ氏大口支援者

Large 20210113at18s p
「カジノ王」と呼ばれた米富豪シェルドン・アデルソン氏(左)とトランプ大統領=2019年12月、南部フロリダ州ハリウッド(AFP時事)

 【ニューヨーク時事】トランプ米大統領や共和党への大口献金者として知られる米カジノ運営大手ラスベガス・サンズのシェルドン・アデルソン会長兼最高経営責任者(CEO)が11日、非ホジキンリンパ腫治療に関連する合併症のため死去した。87歳だった。米メディアが12日、報じた。トランプ大統領は声明を出し「世界は偉大な男を失った」と追悼した。

 東部ボストンのユダヤ系移民のタクシー運転手の家庭に生まれた。さまざまな事業を手掛ける中、世界でカジノを経営するラスベガス・サンズを創業し、世界有数の富豪となって「カジノ王」と呼ばれた。

 2016年の米大統領選ではトランプ氏に大口献金して勝利に貢献。政権への強い影響力を手にした。親イスラエルのロビー活動を熱心に行い、トランプ政権による在イスラエル米大使館のエルサレム移転を後押ししたことでも知られる。 

 ラスベガス・サンズは、日本でのカジノを含む統合型リゾート施設(IR)開発に意欲を示していた。大阪を見送る一方、横浜への参入を狙うとみられたが、新型コロナウイルス禍が始まった昨年5月、「日本におけるIR開発の枠組みでは私たちの目標達成は困難」と突然表明し断念した。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント