「責任感持ち任務に精励を」=岸防衛相が降下訓練視察

Large 20210113at33s p
陸上自衛隊第1空挺(くうてい)団によるパラシュート降下訓練の様子=13日午前、千葉県の陸自習志野演習場(防衛省提供)

 岸信夫防衛相は13日、陸上自衛隊習志野演習場(千葉県船橋市など)を訪れ、離島奪還作戦などで最前線に投入される「第1空挺(くうてい)団」のパラシュート降下訓練を視察した。

 岸氏は団員ら約400人を前に「自らを律し、『わが国の平和と安全は自らの双肩にかかっている』という責任感を持って日々の任務に精励してほしい」と訓示。この後、記者団に「必要な訓練は実施し、高い技量を維持することは大変重要だ」と語った。

 訓練は、検温やマスク着用など新型コロナウイルス感染防止策を講じた上で行われた。 

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント