VW世界販売、20年は15%減=新型コロナが打撃

Large 20210113at91s p
フォルクスワーゲン(VW)の工場で新型コロナウイルス感染防止対策のためマスクを着けて働く従業員=2020年4月23日、ドイツ東部ツビッカウ(AFP時事)

 【フランクフルト時事】ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は13日、傘下ブランドを含めたグループ全体の2020年の世界販売台数が前年比15.2%減の930万5400台だったと発表した。19年までは4年連続で過去最高を記録していたが、新型コロナウイルスの世界的流行が打撃となった。

 VWと世界販売首位の座を争うトヨタ自動車や仏ルノー・日産自動車・三菱自動車の3社連合は、20年の販売実績をまだ発表していない。19年までは、VWが4年連続で首位だった。 

 高級車アウディなど含めたVWグループ全体の20年の販売は、電気自動車(EV)が3倍以上、プラグインハイブリッド車(PHV)が約2.8倍に増え、新型コロナの逆風下でも電動車は好調だった。

 地域別では、欧州が20.5%減の361万6900台と大きく落ち込んだ。最大市場の中国は9.1%減の384万9000台だった。

【了】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント