米フォード、グーグルと提携=つながる車分野などで

 【ニューヨーク時事】米自動車大手フォード・モーターと米IT大手グーグルは1日、インターネットに接続する「コネクテッドカー(つながる車)」などの分野で協業すると発表した。フォードの車両にグーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載するなどの取り組みを進める。

 提携は6年間で、2023年からフォードや同社の高級車ブランド「リンカーン」の製品に、アンドロイドやグーグルのアプリを搭載。車内で音声アシスタントや地図、音楽配信などが利用できる。

 また、フォードはグーグルのクラウドサービスを優先的に利用すると表明。グーグルの持つ人工知能(AI)などの技術を活用し、デジタル化の加速を目指す。製品開発や製造、部品調達を効率化するほか、AIを使った従業員訓練や、修理要請などを顧客にリアルタイムで知らせる機能などを想定している。

 フォードのファーリー最高経営責任者(CEO)は「電動化やつながる車、自動運転分野で変化し続けるにあたって、グーグルとフォードは共にイノベーションの原動力となる」と、提携に期待を示した。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント