日中協議で海警法に懸念伝達

 日中両政府は3日、双方の外務、防衛、海上保安当局者が海洋問題について話し合う「日中高級事務レベル海洋協議」をオンライン形式で開催した。日本側は沖縄県・尖閣諸島周辺で相次ぐ中国公船による領海侵入や日本漁船への接近事案に抗議し、中国海警局の武器使用権限を明文化した「海警法」が施行されたことに懸念を伝えた。 

 加藤勝信官房長官は記者会見で「両国の関係部門が直接、率直な意見交換を行うことは、不測の事態が発生する可能性を低下させる上で極めて重要だ」と強調。海警法については「国際法に反する形で適用されることがあってはならない」と中国側に伝えたことを明らかにした。

【了】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント