三菱重、旅客機事業で損失1031億円=株売却し黒字確保―20年4~12月期

 三菱重工業が4日発表した2020年4~12月期連結決算(国際会計基準)は、本業のもうけを示す事業利益が前年同期比85.7%増の237億円となった。開発を凍結した小型ジェット旅客機「スペースジェット」事業で1031億円の損失を計上したが、洋上風力発電設備の合弁会社株式の売却益などで黒字を確保した。純利益は96.7%減の33億円。

 新型コロナウイルス感染再拡大の影響で、米ボーイング向け航空機部品の売り上げは10~12月期から再び低迷しており、製造に携わる従業員の配置転換を進める。スペースジェット事業の損失は年間1200億円を見込む。オンラインで記者会見した小沢寿人最高財務責任者は損失規模について「ほぼ想定通り」と述べた。開発を担当する三菱航空機(愛知県豊山町)の人員は、ピーク時の10分の1以下となる200人未満に減らす。 

 脱炭素化の流れで市場が縮小する石炭火力発電プラント事業では、点検・改修などのサービスに軸足を移す。ボイラー事業の国内拠点は22年度末までに再編。子会社、三菱パワー(横浜市)の呉工場(広島県呉市)のボイラー製造機能を長崎工場(長崎市)に集約し、固定費の削減を進める。

 21年3月期の事業利益予想(500億円)は維持した。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント