米駆逐艦が台湾海峡通航=国防部と第7艦隊が発表

 【台北、北京時事】台湾国防部(国防省)は4日、米軍艦が台湾海峡を通航したと発表した。米海軍第7艦隊も同日、ミサイル駆逐艦の「ジョン・S・マケイン」の航行を発表し、「自由で開かれたインド太平洋に対する米国の関与を示すものだ」と強調した。

 国防部によると、同駆逐艦は北から南方向に航行した。米軍艦の台湾海峡通航は、バイデン政権発足後、初めてとみられる。

 中国外務省の汪文斌副報道局長は4日の記者会見で、「中国は国家主権と領土を断固守る」と反発。ただ、昨年12月に米軍艦が同海峡を通航した時に表明した「断固反対」の決まり文句は使わなかった。

【了】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント