「海警法に疑念」=岸防衛相

 岸信夫防衛相は9日、米国のヤング駐日臨時代理大使と防衛省で会談した。岸氏は席上、中国海警局の武器使用権限を明記した海警法について「大きな疑念を有しているところで、断じて受け入れられない」と述べ、国際法に反する形での運用は容認できないとの姿勢を強調した。 

 海警法をめぐっては、9日の自民党国防部会、外交部会などの合同会議で、米国から海警法に関する目立った発信がないとして、日本政府から米側に働き掛けるべきだとの声が上がった。

【了】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント