トヨタとデンソー、米自動運転企業オーロラと提携=配車サービス用に量産も

 【ニューヨーク時事】自動運転車開発を手掛ける米新興企業オーロラ・イノベーションは9日、トヨタ自動車やデンソーとの提携を発表した。自動運転車を共同開発するほか、配車サービス向けに量産も視野に入れる。

 発表によれば、オーロラの自動運転技術を搭載したトヨタのミニバン「シエナ」を共同開発し、年内に試験走行を始める見通し。また、これらの車両を米ウーバー・テクノロジーズなどの配車サービス企業向けに量産するほか、納車後の保険や整備などの包括サービスも手掛けたい考え。

 オーロラはウーバーの自動運転開発子会社ウーバー・アドバンスト・テクノロジーズ・グループ(ATG)を買収したばかりで、同時にウーバーからの出資も受けている。また、トヨタとデンソーは2019年、ソフトバンクグループと共にATGに出資した経緯がある。

 今回の提携に伴い、トヨタとデンソーが新たに資金を拠出したかは明らかになっていない。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント