キューバがテロ情報通報=異例の協力、米政権交代影響?

 【サンパウロ時事】南米コロンビアのモラノ国防相は8日、同国最大の左翼ゲリラ、民族解放軍(ELN)が首都ボゴタでテロを計画しているとの情報を、在ボゴタのキューバ大使館から得たと明らかにした。ELNはキューバとつながりが深く、キューバ側から親米のコロンビア政権に通報があるのは異例。

 キューバ大使館は、コロンビア政府に「信ぴょう性は評価できないが、ELNの部隊が近日、ボゴタで軍事攻撃を仕掛ける可能性があるとの情報を得た」と伝えた。キューバの首都ハバナに滞在しているELN幹部らは計画を関知していないという。

 トランプ前米政権は政権交代直前の1月、テロ組織に指定しているELN幹部をかくまっていることなどを理由に、キューバをテロ支援国に再指定。キューバ側のコロンビアへの協力姿勢は、バイデン政権による指定解除を後押しする可能性がある。 

 コロンビアのドゥケ政権はELNと和平交渉を進めていたが、2019年1月、ELNがボゴタの警察学校で自動車爆弾テロを実行。生徒22人が死亡し、交渉は頓挫した。

【了】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント