核拡散防止の再考を米国と同盟国に求める報告書〔GNW〕

 【グローブニューズワイヤ】チャック・ヘーゲル(Chuck~Hagel)、マルコム・リフキンド(Malcolm~Rifkind)、およびケビン・ラッド(Kevin~Rudd)が共同議長を務め、シカゴ国際問題評議会(Chicago・Council・on・Global~・ffairs)が招集した作業部会はこのたび、新しい報告書を発表した。作業部会は、米国の同盟関係のほころびと急速に変化する安全保障環境が米国の核安全保障に疑問を投げかけ始め、50年前の核不拡散体制の長期的な実現可能性を脅かし始めていると主張している。この報告書では、米国の同盟国が自国の核兵器を必要とせずに安心を継続的に得るための具体的な勧告と枠組みを提言している。

【注】この記事はグローブニューズワイヤ提供。 

【了】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント