豪のソーラーカーレース中止=10月に隔年開催

 【シドニー時事】オーストラリアで隔年開催される世界最大級のソーラーカーレースの主催者は12日、新型コロナウイルス禍を踏まえ、10月22~30日の日程で予定していた大会の中止が決まったと発表した。次回は2023年10月に開催する予定という。

 レースは北部ダーウィンから南部アデレードまでの約3000キロの区間で争われる。前回大会は約20カ国・地域から過去最多の43チームが参加し、ゴールまでの速さを競う部門で東海大が2位に食い込んだ。ブリヂストンが冠スポンサーを務めている。 

 主催者は世界との往来が制限されている中、参加登録した約630人の外国人の入国が必要になる複雑な状況から「困難な決定」につながったと説明した。大会の登録者らが現在作製している車体を、オンラインで披露する機会を年内に設けることができるか検討しているという。

【了】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント