太陽系最遠の発見記録=直径400キロの天体―すばる望遠鏡

Large 20210215at01s p
太陽系で最も遠い所で発見された天体「2018AG37」(推定直径約400キロ)の想像図。太陽からの距離は地球―太陽間の132倍もある(全米科学財団など提供)

 太陽系で最も遠い所で見つかった天体の楕円(だえん)軌道がほぼ解明され、15日までに国際天文学連合(IAU)により仮称「2018AG37」として認められた。この天体は推定直径約400キロ。2018年に米ハワイ島のすばる望遠鏡で発見され、太陽からの距離は地球―太陽間の距離(天文単位=AU)の132倍もある。

 米カーネギー研究所などの研究チームがハワイ島のジェミニ北望遠鏡などで観察を続けた結果、太陽から最も近い位置で27AU、遠い位置で175AUの細長い楕円軌道と判明した。太陽から30AU離れた円軌道には海王星があり、かつて接近した際に重力の作用でこのような軌道に変わったと考えられる。将来も再び接近して変わる可能性が高いという。 

 18年には太陽から約120AU離れた天体「2018VG18」が見つかっており、当時の最遠記録だったが、更新した。VG18の愛称は英語ではるかに離れたという意味の「ファーアウト」で、さらに遠いAG37は「ファーファーアウト」と呼ばれる。いずれも太陽の周りを一周する公転周期は1000年超の可能性がある。太陽系の端の天体は非常に暗いが、観測技術の向上で今後も発見が相次ぐと期待される。

【了】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント