西鉄、LINE Fukuokaと連携=DX推進、定期券販売で混雑解消

 西日本鉄道は15日、デジタルトランスフォーメーション(DX)推進に向け、LINE Fukuoka(福岡市)と連携協定を締結したと発表した。LINEを活用して鉄道などの各事業で利便性向上などを図るのが目的で、第1弾として、3月1日から定期券発売所での混雑解消に向けた取り組みを始める。

 西鉄によると、第1弾事業では、LINEを活用して受け付け番号を発行し、混雑解消や待ち時間の有効活用につなげる。実施場所は福岡市内中心部にある天神の発売所で、電車やバスの定期券購入で導入する。

【了】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント