中国船、新たに漁船接近=「砲らしきもの」搭載―沖縄・尖閣沖

 加藤勝信官房長官は16日の記者会見で、沖縄県・尖閣諸島沖で中国海警局の船舶2隻が同日午前4時15分ごろから新たに領海侵入し、日本漁船1隻に接近したと発表した。海警船のうち1隻は「砲らしきもの」を搭載していた。前日からの2隻と合わせ、一時的に計4隻が侵入していたことになる。

 中国は今月、海警局への武器使用を認める「海警法」を施行し、尖閣周辺海域は緊張が高まっている。加藤氏によると2隻は午前10時すぎに領海から離れた。

 尖閣沖の領海には15日、別の中国海警船舶2隻が領海侵入し、日本漁船1隻に接近。海上保安庁が退去要求を続けているが、この海警船2隻は16日午前も領海内にとどまっているという。日本政府は「国際法違反」として中国側に連日抗議している。 

【了】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント