ガソリンの出光 車両メーカーつくる 出光タジマEV発足 150万円で小型EV

石油元売りの出光興産が、EVメーカーのタジマモーターに出資、出光タジマEVが発足します。今後を見据え、ガソリン以外の様々な事業を展開する出光ですが、EVの開発も「ガソリンスタンド」と関係あるようです。

新会社「出光タジマEV」誕生へ

 石油元売り会社が車両メーカーに出資し、自ら車両の開発に乗り出します。

 出光興産は2021年2月16日(火)、タジマモーターコーポレーション(東京都中野区)と、超小型EV(電気自動車)などの次世代モビリティやサービス開発を行う「出光タジマEV」を2021年4月に設立すると発表しました。

 新会社は、タジマモーターの関連会社であるタジマEVに出光興産が出資し、商号を出光タジマEVへ変更する形で発足します。出光タジマEVとして初となる、4人乗りの新型車両は、2021年10月に発表し、2022年の販売を予定しているということです。

Large 210216 idemitsu 01
出光タジマEVが開発中の新型車両(画像:出光興産)。

 なぜ出光がEVの開発にまで乗り出すのか、その背景には当然ながら、ガソリンスタンド(サービスステーション、以下SS)の維持があります。出光興産社長の木藤俊一さんは、「エネルギーとモビリティ、双方が多様化する大きな変革期」といい、SSが展開していく多様な事業のひとつにEVを位置付けているとのこと。

 出光は2019年から、岐阜県高山市と千葉県館山市のSSを拠点として、タジマ製EV「ジャイアン」のシェアリング事業を実証実験として行ってきました。それを通じて、「自転車や原付より安全で、軽自動車よりも手軽なモビリティのニーズが高いことを確認した」といいます。

 今回、開発が発表された車両はこれに応えるもので、たとえば電動アシスト自転車や原付で子どもを送り迎えしている人、あるいはクルマが大きく高額になるなかで運転を諦めているペーパードライバー、免許を返納した人、営業用車両としての代替……といったニーズを見込んでいるそう。年間100万台の潜在需要があると試算したそうです。

 この車両を、全国に約6400あるSSにおいて販売やシェアリング、サブスクリプションといった形で展開することで、車両の提供からエネルギーサービス、車両メンテナンス、さらには車両のリサイクルまで一気通貫のサービスを構築し、地域の移動需要に応え、活性化を目指すといいます。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 家庭でも充電できたりするのでは電気代を自動車用に切り分けられないのでガソリン税のようにはいきませんね…道路会計はなくなってはいますが…