ホンダ社長に三部専務=6年ぶりトップ交代

Large 20210217at88s p
三部敏宏 ホンダ次期社長(同社ホームページより)

 ホンダが八郷隆弘社長(61)の後任に三部敏宏専務(59)を昇格させる人事を固めたことが17日、分かった。6年ぶりのトップ交代で、週内にも取締役会を開いて内定する。三部氏は環境技術に精通しており、電気自動車(EV)など電動化への対応を進め、国内外メーカーとの競争で生き残りを目指す。

 三部氏はエンジン開発などの部門が長く、2019年には研究開発子会社の本田技術研究所社長に就任し、電動化や自動運転分野の戦略で中心的な役割を担った。

 15年に就任した八郷社長は、英南部スウィンドン工場や狭山工場(埼玉県狭山市)の閉鎖を決めるなど過剰な生産能力の削減を進めた。研究開発の軸足をEVなど電動車に移すため、自動車レースのF1世界選手権シリーズからの撤退にも踏み切った。

 一方で、八郷氏は米ゼネラル・モーターズ(GM)との提携を強化。自動運転分野での協業に加え、北米市場でのプラットフォーム(車台)やEVシステムの共有を決めた。提携には三部氏も主導的な立場で関わっており、次期社長として電動化や自動運転の技術開発を加速させる。

 三部 敏宏氏(みべ・としひろ)広島大院修了。87年ホンダ入社、14年執行役員、常務執行役員を経て20年6月専務。大阪府出身。 

【了】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント