イランと拘束者解放協議=核合意交渉「返事なし」―米高官

 【ワシントン時事】サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は21日、米CBSニュースのインタビューで、イランで拘束されている米国人の解放について「イラン側と協議を開始した」と語った。

 サリバン氏は「イランが米国人を不当かつ違法に拘束している長年の問題を容認することはない」と発言。拘束されている米国人の帰国は、バイデン政権でも「非常に優先度が高い」と強調した。イランでは少なくとも3人の米国人がスパイ容疑などで拘束されているとみられる。

 バイデン政権は18日、トランプ前政権が離脱したイラン核合意への復帰に関し、イランと交渉する用意があると表明した。ただ、サリバン氏は「イラン側からまだ返事はない」と述べた。 

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント