1億円に減資し「中小企業」=コロナ禍で税負担軽減―JTB

 旅行大手JTBが資本金を23億円から1億円に減資し、税制上の優遇措置を受けられる「中小企業」となることが23日、分かった。既に株主総会で決議し、3月31日付で実施する。新型コロナウイルス禍で悪化した財務の改善に取り組む。

 税制上の区分では資本金1億円以下の企業は中小とみなされ、税負担が軽減される。昨年3月末で約2万7000人のグループ従業員を抱えるJTBも対象となる。 

 同社の昨年9月中間連結純損益は過去最大となる781億円の赤字だった。コロナ禍を受けて旅客需要の低迷が続く中、減資により損失の一部を穴埋めする意図もあるとみられる。

【了】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント