トヨタ、4工場の停止延長=半数は24日再開―福島沖地震

 トヨタ自動車は23日、福島県沖地震による部品の調達難で操業停止が続く国内のグループ8工場12ラインのうち、4工場5ラインを24日も休止すると発表した。一方、半数に当たる4工場7ラインは部品調達のめどが付いたため再開する。これにより、17日からの生産調整に伴う減産規模は約3万1000台(従来想定は約3万台)に拡大する。

 休止を延長するのはトヨタ本体の高岡工場(愛知県豊田市)、グループのトヨタ車体の富士松工場(同県刈谷市)と吉原工場(同県豊田市)、岐阜車体工業(岐阜県各務原市)。

 一方、トヨタ本体の田原工場(愛知県田原市)は稼働を再開。グループではトヨタ自動車九州の宮田工場(福岡県宮若市)、豊田自動織機の長草工場(愛知県大府市)、日野自動車の羽村工場(東京都羽村市)も再開する。 

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント