思いやり予算、審議入り

 在日米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)をめぐり、現行の特別協定の期限を2020年度末から1年延長する「改正議定書」の承認案は12日、衆院本会議で審議入りする。政府・与党は月内の国会承認を目指す。

 政府は21年度予算案に2017億円を計上。22年度以降の負担額や対象期間を定める新たな協定については、夏ごろをめどに米側との交渉を本格化させる方針だ。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント