ホンダ、北米5工場で生産休止=来週1週間、半導体不足など影響

 【ニューヨーク時事】ホンダは16日、米国とカナダの5工場で22日から1週間程度、操業を休止すると明らかにした。世界的な半導体不足に加え、2月の寒波で一部の部品の供給が滞ったことなどが要因。不確定要素が多いため、影響を受ける台数は公表していない。

 休止するのは米オハイオ州、インディアナ州、アラバマ州とカナダ・オンタリオ州の計5工場。アジアからの積み荷増加で米国の港湾が混雑し、部品受け取りに支障が出ていることも一因という。

 ホンダは半導体の調達難を受け、1月に北米5工場で減産に踏み切ったが、まとまった形での操業休止は今回が初めてとなる。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント