JR西、個人利用可のオフィス提供=テレワークにも活用

 JR西日本は17日、鉄道沿線に個人利用のできるオフィスを設置する実証実験を始めたと発表した。ホテルの空室などを使用する。利用状況を見て本格展開を検討する。テレワークにも活用できるオフィスを沿線に設置することで鉄道利用につなげたい考えだ。 

 グループ会社が所有するホテルの空室や駅ビルを使用する。駅構内にはブース型のオフィスを設置する。新大阪駅や大阪駅などを対象に、計約40カ所程度で実施する予定だ。

 このほか、2024年秋開業予定の大阪駅新駅ビルに入居した企業向けには、通勤定期券の割引サービスも検討している。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント