日米、尖閣周辺での共同訓練も=岸防衛相「南西方面に意味」

Large 20210319ds71 p
沖縄県・尖閣諸島の魚釣島と北小島、南小島(海上自衛隊撮影)

 岸信夫防衛相は19日の閣議後記者会見で、自衛隊と米軍による沖縄県・尖閣諸島周辺での共同訓練実施を否定しない考えを示した。その上で、「どのように(訓練を)やっているかという見せ方、そういう意味もある。南西方面での訓練はそれなりにしっかりした意味がある」と強調した。

 16日の日米安全保障協議委員会(2プラス2)後に発表された共同文書は、「実践的な2国間および多国間の演習および訓練が必要」と盛り込んだ。 

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント