福井県の衛星、打ち上げ延期=ロシアのソユーズに搭載

Large 20210320at84s p
福井県と県内企業などが開発した超小型衛星「すいせん」の想像図(福井県産業技術課提供)

 【モスクワ時事】ロシア国営宇宙企業ロスコスモスは20日、福井県と県内企業などが開発した超小型衛星「すいせん」を搭載したソユーズロケットの打ち上げを21日に延期すると発表した。20日にカザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げられる予定だった。

 タス通信によると、技術的な問題が延期の理由。ソユーズは18カ国の38基の衛星を搭載。すいせんは全国初の自治体主導の衛星として注目されている。 

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント