超党派議連、「日台米対話」開催へ=パイン消費促進も協力

 日本と台湾の関係強化を目指す超党派の議員連盟「日華議員懇談会」(会長・古屋圭司自民党衆院議員)は22日、東京都内で総会を開き、中国から台湾への圧力が強まっていることを念頭に、議員レベルによる「日台米戦略対話」の開催などを盛り込んだ基本方針を決定した。

 先の日米安全保障協議委員会(2プラス2)は、台湾海峡の平和と安定の重要性を確認。これを受け、日台米対話の開催を掲げた。古屋氏は総会後の記者会見で「(5月の)連休明けごろにはリモートでも開催したい」と強調した。

 総会には台湾の駐日大使に当たる台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表も出席。中国による台湾産パイナップルの輸入禁止で、生産者らへの打撃が予想されるため、日本での消費促進を要請した。古屋氏は「ぜひ協力したい」と応じた。 

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント