ステランティス、フォードも追加対応=半導体不足

 【ニューヨーク時事】欧米自動車大手ステランティスと米自動車大手フォード・モーターは22日までに、世界的な半導体不足に絡む追加の対応を明らかにした。米メディアが報じた。

 ステランティスは米ミシガン州ウォーレンとメキシコ・サルティーヨの工場で、ピックアップトラック「RAM1500」を途中段階まで組み立て、保管する。不足している半導体が確保でき次第、組み立てを完了し、出荷する。数週間こうした対応を続ける見通しで、影響を受ける台数は明らかにしていない。

 フォードは今週、米オハイオ州の工場で生産を休止するほか、米ケンタッキー州の工場でシフトを3回から2回に減らす。いずれも来週に生産が正常化する見通し。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント