自動車大手、減産不可避=半導体不足、165万台の試算―ルネサス火災

Large 20210323ath6s p
ルネサスエレクトロニクス那珂工場の火災現場(同社提供)

 ルネサスエレクトロニクス那珂工場(茨城県ひたちなか市)の火災により、自動車業界を取り巻く半導体不足が一層深刻になっている。必要な部品を調達できず、国内大手の4~9月の減産規模が165万台に上るとの試算も出ている。

 被害のあった工場棟で生産していたのは、車両の走行制御に必要な「マイコン」と呼ばれる半導体部品などでルネサスが高い市場シェアを占める。

 半導体部品が欠かせない各社は「影響を確認中」(トヨタ自動車)、「調査中」(ホンダ)と話す。日産自動車も精査中とコメントしている。現時点で生産調整の動きはないが「在庫が尽きる4月後半から減産せざるを得ないのではないか」(メーカー関係者)と懸念の声が漏れる。

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券の杉本浩一シニアアナリストは2021年度上半期の国内メーカーの減産規模(海外を含む)を、全体の約12%に当たる計165万台と見積もった。従来の半導体不足に悪影響が上乗せされる形となり、特に「5~7月に深刻な影響を与える可能性が高い」という。

 自動車生産が滞ると素材や部品など幅広い業種に痛手となる。野村総合研究所の木内登英エグゼクティブ・エコノミストは、ルネサス火災に伴い「波及効果も含め4~6月期の国内総生産の成長率は年率換算で7.3%押し下げられる」と試算する。

 経済産業省は24日に開く半導体関連の有識者会議で、柴田英利ルネサス社長らを交えて対応を協議。産官学の知恵を集めて日本経済への打撃を緩和したい考えだ。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント