対ロシア戦略「EUと共に」=中国含む軍縮必要―NATO事務総長

Large 20210324atg5s p
24日、ブリュッセルで、記者会見する北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長(AFP時事)

 【ブリュッセル時事】北大西洋条約機構(NATO)は24日、ブリュッセルで外相理事会を開き、2日間の日程を終えた。この日は欧州連合(EU)のボレル外交安全保障上級代表(外相)や、非加盟国のスウェーデンとフィンランドも参加し対ロシア戦略を協議。ストルテンベルグ事務総長は終了後の記者会見で「ロシアの行動に共に対応できるようEUやパートナー国との協力を続ける」と強調した。

 また、理事会では米ロ間の新戦略兵器削減条約(新START)の5年間延長を歓迎。ストルテンベルグ氏は、軍縮の拡大に向け「中国のような国や、より多くの兵器をカバーする合意が必要だ」と訴えた。 

 ロシアをめぐっては、ミサイル開発やサイバー攻撃など軍事的脅威に加え、偽情報の流布や、他国の選挙への介入、反体制派弾圧と課題は多く、米欧は一段と警戒感を高めている。外相理事会が23日に発出した共同声明では、ロシアを名指しし「攻撃的な行動は欧州・大西洋の安全保障への脅威だ」と強調した。

 EUも25、26の両日、首脳会議で今後の対ロシア政策を議論する予定だ。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント