ロシア製ミサイル問題、平行線=米トルコ外相が会談

Large 20210324atg3s p
ブリンケン米国務長官=19日、アラスカ州アンカレジ(AFP時事)

 【イスタンブール時事】ブリンケン米国務長官は24日、訪問先のブリュッセルでトルコのチャブシオール外相と会談し、ロシア製対空ミサイルシステム「S400」について「保有しないでほしい」と求めた。チャブシオール氏はこれを受け入れず、議論は平行線をたどった。 

 両国による対面での外相会談は、1月のバイデン政権発足後初めて。S400をめぐっては、トランプ前米政権が昨年12月、対トルコ制裁を発動し、トルコが強く反発するなど両国間の大きな懸案となっている。

 また、ブリンケン氏はトルコが欧州評議会の「女性への暴力およびドメスティックバイオレンス(DV)防止条約」からの脱退を表明したことについても懸念を表明。民主主義の制度と人権尊重の重要性を強調した。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント