近鉄グループが8ホテルを売却へ=米ブラックストーンに

 近鉄グループホールディングスは25日、傘下の近鉄不動産と近鉄・都ホテルズが保有する8ホテルを、米投資ファンド大手ブラックストーン・グループに売却すると発表した。譲渡価格は明らかにしていないが、昨年3月末時点の簿価は8ホテル合計で423億円。取引実行日は10月1日の予定。 

 売却対象のホテルは、都ホテル京都八条(京都市、988室)や都ホテル博多(福岡市、208室)など。近鉄グループは、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ホテル事業のコスト削減や運営体制の見直しなど構造改革を実施・検討している。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント