近鉄、傘下の8ホテル売却へ=米投資ファンドに

Large 20210325at84s p
都ホテル京都八条(近鉄グループホールディングス提供)

 近鉄グループホールディングスは25日、傘下の8ホテルを米投資ファンド大手ブラックストーン・グループに売却すると発表した。10月1日付で、売却額は数百億円規模とみられる。ホテル事業は新型コロナウイルスの影響を受けて業績が悪化しており、事業を再構築する。

 売却するのは都ホテル京都八条(京都市)やホテル近鉄ユニバーサル・シティ(大阪市)など。昨年3月末時点の簿価は8ホテル合わせて423億円。売却後も運営は近鉄グループが担う。ホテル名は変わらず、従業員も解雇しない。 

 近鉄グループは2021年3月期に過去最大となる780億円の純損失(赤字)を見込む。20年4~12月期のホテル事業の売り上げは前年同期に比べ6割もの大幅減だった。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント