トヨタ系投資会社、企業に初出資=自動配送技術手掛ける米社に

 トヨタ自動車グループの米投資会社、ウーブン・キャピタル(デラウェア州)は25日、無人自動配送車の開発を手掛ける米企業「ニューロ」(カリフォルニア州)に出資したと発表した。出資額や株式の保有比率などは非公表。ウーブン・キャピタルは今年1月に設立されたばかりで、今回が初の投資案件となる。 

 ウーブン・キャピタルは、トヨタ系の持ち株会社ウーブン・プラネット・ホールディングス(東京)傘下の投資会社。モビリティー(移動手段)や自動運転、人工知能(AI)、スマートシティーなどに関わる企業に出資する目的で設立された。運用総額は8億ドル(約870億円)。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント