「賠償責任は船主に」=コンテナ船運航の台湾企業―スエズ運河座礁

 【台北時事】エジプトのスエズ運河で大型コンテナ船が座礁している問題で、この船を運航する台湾の長栄海運は25日、座礁により発生が予想される賠償責任は、船のオーナーが負うなどとする見解を表明した。コンテナ船は愛媛県今治市の正栄汽船が所有しており、長栄海運は声明で「船の復旧作業や第三者に対する(賠償)責任に関する費用、船体の損傷などの責任は船主が負う」と強調した。 

 今回の座礁で多くの船が運河を通航できなくなっており、損害賠償を求められる可能性が指摘されている。長栄海運は「一刻も早い回復に向け、船主やスエズ運河庁と協力を続ける」とした。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント