米フォード、主力ピックアップトラック生産一時休止=半導体不足で

 【ニューヨーク時事】ロイター通信によれば、米自動車大手フォード・モーターは25日、世界的な半導体不足への対応で、主力ピックアップトラック「F150」の生産を一時休止すると明らかにした。

 米ミシガン州ディアボーンの工場で26~28日に生産を止める。影響を受ける台数は公表していない。

 フォードは半導体の調達難を受けて、今年に入り生産休止や減産などの対応を強いられているほか、F150など2車種を一部の部品なしで組み立てて保管する措置を取っている。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント